moimoiの毎年家族で海外旅行するためには?

高級ホテルの宿泊レポートや育児ネタ、贅沢な暮らしをするための副業・投資へのチャレンジなど。

*

布おむつ派でも安心、セブンスジェネレーションの無添加・無漂白おむつ

      2017/02/23

我が家では子供が生まれる前から布おむつで育てようと決めていました。

と言っても僕は紙おむつとの違いがよくわかっていませんでしたけど。

布おむつのメリットは、こんな感じでしょうか。

  • 子供の肌にやさしい(一番大事!)
  • 頻繁に交換しないといけないので子供とのコミュニケーションが増える
  • 子供のことをよく観察するようになる
  • おむつが外れるのが早いらしい
  • (たぶん)紙おむつよりお金がかからない

デメリットというと。

  • 洗濯が面倒
  • 外出する時に荷物が多い
  • 吸収できる水分が少ないので頻繁に交換しないといけない

最後の吸収できる水分が少ないことで問題が起きました。

生後6ヶ月を過ぎる頃から1回のおしっこの量が増えたせいか、寝ている最中のおしっこを吸収しきれなくなり、布団が濡れてしまうようになりました。

夜中も頻繁に交換してあげるべきなんでしょうが、うちの子供はおむつが濡れていても泣かずに寝ていて気づいてあげることが出来ませんでした。

それでも紙おむつは使いたくないな〜と思っていましたが、このseventh generation(セブンスジェネレーション)の無添加・無漂白おむつを見つけたのでさっそく使ってみました。

IMG_0286.JPG

セブンスジェネレーションの無添加・無漂白おむつはコチラから購入できます

日本では作られていない? 無添加・無漂白おむつ

このおむつは、アメリカの自然派ブランド「seventh generation(セブンスジェネレーション)」の製品です。

7世代先のことを考えるって意味でセブンスジェネレーション。エコですね〜。

国産のものがあれば迷わずそれを使っているんですが、調べてみても日本のメーカーで無添加・無漂白おむつを作っているところがないんですね〜。

この紙おむつを輸入して販売しているのが cuna select というショッピングサイトです。

紙おむつ以外にもオシャレで可愛い子供用品を扱っていて、ついつい余計なものを買ってしまいそうになります。

当たり前だけど無漂白だから茶色い

IMG_0287.JPG

これが本来の色なら、普通の紙おむつはどんだけ白いんだーって思っちゃいますよね。

漂白するための薬品は使っていませんし、吸収力を高めるための刺激が強い吸収剤も使っていません。

においは普通の紙おむつと変わらないと思います。

はき心地は大人の僕にはわかりません(笑)
ただ、布おむつより体積が小さいので足が動かしやすそうです。

吸収力は申し分ありません、普通の紙おむつは使ったことがないので比較できませんが、布おむつと比較すれば十分すぎるぐらい吸収します。

在庫がなくなり苦しまないように、ある程度のストックを

IMG_0284.JPG

いつも5個ぐらいまとめ買いしてます。

2・3ヶ月間ぐらいアメリカのストライキの影響でおむつが入荷せず苦しんだ経験があるので、ある程度ストックを持っておきたいのです。

その間は Amazon で1.5倍ぐらいの値段のやつを買っていました。。。(泣)

cuna select では、8000円(税別)以上の購入で送料が無料になりますし、まとめて買うのがいいと思います。

経済的には厳しいけど、やっぱり紙おむつは楽

最近は、寝る時と外出する時にはこの紙おむつを使うようになりました。

布おむつは最初におむつを買ってしまえば、あとは洗濯の洗剤と水道代ぐらいですが、紙おむつは毎月のように買い続けないといけないです。

しかも、この無添加・無漂白おむつは普通の紙おむつの倍ぐらいの値段がしますし、家計にはかなり痛いです。

けど、子供にやさしく安心できるものを使ってあげたいから、パパは頑張って働きます。

布おむつ派の方も、一部を紙おむつにすることで精神的にも肉体的にも少し楽できますよ〜。

このセブンスジェネレーションの無添加・無漂白おむつの他にも魅力的が商品がたくさんあるので cuna select アクセスしてみてください。

たまにcuna selectでセブンスジェネレーションの紙おむつが在庫切れの状態になる場合がありますそれでもセブンスジェネレーションの紙おむつが欲しい場合は個人で輸入できます。輸入と聞くと難しく感じるかもしれませんが、普通のインターネットショッピングと変わりません。eVitaminsというサイトを利用するのですが、日本語に対応しているので英語がわからなくても大丈夫です。

eVitaminsでセブンスジェネレーションの紙おむつを輸入してみた
いつもお世話になっているセブンスジェネレーションの紙おむつですが、悩みのひとつは日本で扱っているお店がほとんどないということです。いつも購入しているcuna selectが唯一かと

それと少し割高になってしまいますが、Amazonでも販売されている場合もあります。

Amazonでセブンスジェネレーションのおむつを探す

cuna select にはコチラからアクセスできます

 - 育児

レクタングル大(moimoi.xyz)

レクタングル大(moimoi.xyz)

  関連記事

早い!安い!オムツを輸入するならDiapers.com

追記) Diapers.comをはじめとするQuidsiの通販サイトは閉鎖されました。 それらのサイトで扱っていたブランドは、Amazon.comで引き続き提供されています。 ーーーーー 追記ここまで …

セブンスジェネレーションの夜用おむつが漏れなくて最高

セブンスジェネレーションの紙おむつが良いよって、さんざんこのブログで言ってきましたが欠点もあります。それは値段が高い以外に吸収力がいまひとつなところ。パンパースといった普通の紙おむつを使ったことがない …

乾燥肌の赤ちゃんに100%自然由来成分のneobaby ベビーオイル

子供が親に似て少し乾燥肌のようでお風呂あがりには馬油を塗って保湿しています。馬油は人の皮脂にとても近く安全性が高いためです。毎月ネオナチュラルで馬油を定期購入しているのですが、冬の間はどうしても使う量 …

ジェシカ・アルバで有名なザ・オネスト・カンパニーの紙おむつ

我が家では娘が生まれた時から布おむつを使ってきました。紙おむつを使い始めたのは生後6ヶ月を過ぎた頃で、おしっこの量が多くなり寝ている最中に漏れてしまうようになったからです。 紙おむつを使いたくなくて布 …

セブンスジェネレーションの無添加・無漂白オムツの価格は高いのか?

我が家では布おむつとセブンスジェネレーションの無添加・無漂白の紙おむつを併用しています。 このセブンスジェネレーションのおむつ、海外セレブも愛用しているということで価格がなかなかに高いです。ちなみに我 …

子供用のトイカメラ Kidizoom Camera(キディズームカメラ)を娘にプレゼントしました

子供用のトイカメラ、VTechのKidizoomを買いましたよ。 トイカメラ、結構いろんな種類があるようですが、このKidizoomが一番子供にとって使いやすそうだったので、これに決めました。 なんと …

国産で安心 スナオラボの木製むくりスプーン

赤ちゃんに離乳食を食べさせたり、自分で食べる練習をするのにスプーンを必ず使うと思うのですが、木製のスプーンって意外と売っていないんですよね。赤ちゃん用品店で売られているのはプラスチック製ばかり。 別に …

福音館の絵本はコスパがよくオススメ

子供の絵本ってどうしていますか? 本屋さんで購入したり図書館で借りてきたり。どんどん新しい本が欲しくなってくるので結構な出費になってしまうのが悩みです。 僕が自分用に購入する本はほとんどが古本です。A …

福井駅前の木のおもちゃで遊べる「ときなる」に行ってきました

福井駅前に新しくできた子供の遊び場「ときなる」に行ってきました。 木のおもちゃを中心とした遊び場で、木のぬくもりを感じれる、なかなか居心地のいい場所です。 これまで福井駅前には、子供の室内の遊び場がな …

eVitaminsでセブンスジェネレーションの紙おむつを輸入してみた

いつもお世話になっているセブンスジェネレーションの紙おむつですが、悩みのひとつは日本で扱っているお店がほとんどないということです。いつも購入しているcuna selectが唯一かと思っていましたが、最 …