健康・美容

乾燥肌の保湿ケアは水分+油分

6ac652a9c319216f2089a10c4faab0eb_s

冬は寒さだけでなく乾燥に注意が必要です。冬は四季の中で最も乾燥する季節です。

肌荒れや乾燥肌に悩まされている方も多いと思います。僕も乾燥肌でエアコンなどによる乾燥には困っています。乾燥による肌のかゆみ、余計に分泌されて脂っぽくなってしまう肌。

また家事で水仕事をすると手が荒れてしまったりするのも悩みです。食器洗いにお湯ではなく水を使ったり、ゴム手袋をしたりするべきなんでしょうが、なかなか実践できません。

肌にいい湿度は65~75%

部屋に湿度は何%でしょうか? 温度と違って湿度を意識することは少ないと思います。肌にいい湿度は65~75%と言われています。そして湿度は60%を下回ると肌が乾燥してしまいます。

東京の湿度の平均データでは、12月~4月が湿度が60%を下回っています。その前後の11月~5月と一年の半分近くが肌にとって辛い状態であるということです。特に冬の関東地方はからっ風の影響で乾燥が酷いです。湿度が10%なんて日もあるので驚きですね。

乾燥は肌の大敵

空気が乾燥していると自然と肌も乾燥してしまいます。

肌が乾燥した状態で放置しておくと、肌のバリア機能が壊れてしまいます。バリア機能が壊れてしまうと、肌の水分が失われてしまうだけでなく、外側からのホコリ、雑菌などの刺激を防ぐこともできずトラブルの原因となってしまいます。

また乾燥した肌は、シワができやすくなったり、毛穴が目立ったりと老化の原因にもなります。日頃のケアを見直して、しっかり乾燥対策をしましょう。

保湿 = 水分 + 油分

乾燥肌のケアのポイントは「保湿 = 水分 + 油分」です。

たくさんミストを振りかけたり、クリームを塗る方が多いかと思いますが、水分と油分の両方で保湿するのが正しいケアです。

乾いた肌に化粧水などで水分をたっぷり補い、乳液などの油分できちんとカバーすることが大切です。油分でカバーされていないと、せっかく補った水分が再び失われてしまいます。

パックで集中ケア

特に乾燥が気になる方は化粧水パックがオススメです。

コットンなどに化粧水をしみ込ませて乾燥が気になる部分にしばらくあてておきます。あてる時間は10分ほどで、長時間あてるのはNGです。せっかく肌が吸収した水分をパックが再び吸い上げてしまうからです。もちろん、そのあとはクリームなどの油分でカバーしてください。

非常にシンプルなケアですが、毎日の積み重ねで肌は確実に潤っていきます。是非、見直してみてください。

ビタミンのサプリメントは単体ではなくマルチビタミンを選ぼう前のページ

その成分は美肌にとって必要なものですか?次のページ

関連記事

  1. 健康・美容

    便秘にも下痢にも腸のことなら新谷乳酸菌ラクトバチルス

    日常のさまざまなストレスや環境の影響により、便秘や下痢などお腹のこ…

  2. 健康・美容

    妊娠中のサプリメントに注意

    男性より女性の方が健康や美容の意識が高くサプリメントを飲んでいる割…

  3. 健康・美容

    その成分は美肌にとって必要なものですか?

    化粧水や美容液などに含まれている成分、チェックしていますか?広…

  4. 健康・美容

    もみあげがクルクルする意外な原因

    僕の髪の毛は少し天然パーマの気があるんですが、もみあげだけ他の部分…

  5. 健康・美容

    トリコイストの定期購入がとてもお得だった

    鶏コラーゲンを使った自然派化粧品のトリコイストを使っていますが、無添加…

  6. 健康・美容

    サプリメントもいいけど、やっぱり運動は大切

    サプリメントを扱うネットワークビジネスに参加していたせいか、生活習…

PAGE TOP