健康・美容

便秘対策の薬・漢方に注意

21a5a13f7d35688fa6a0784303227d5c_s

つらい便秘から抜け出したくて漢方や薬を使ってはいないでしょうか?

食事や運動の習慣を見直して改善しようと思いつつも変化を感じられず、つい漢方や薬に頼ってしまうというケースは多いと思います。ただ、数回の使用では問題がなくても、使い続けていくうちに腸の中は大変なことになっています。薬を使い続けることがどれだけ危ないことなのか知ってください。

便秘薬の働き

便秘薬にはいろいろな成分が含まれています。

  • ぜん動運動を促進する成分
  • 便をやわらかくする成分
  • 腸の調子を整える成分

便秘は腸のぜん動運動(ウンチを送り出す動き)が悪いことが原因のひとつです。このぜん動運動を促進する成分が便秘薬のメインです。薬によって腸を刺激してぜん動運動を促進することでウンチを出すということです。

また、ウンチに水分が少なくカチカチの状態だと腸の中でスムーズに動いてくれません。それを解消するためにウンチに水分を含ませて柔らかくする成分も含まれていたりします。

その他に、腸の働きを改善するためのビタミンや、腹痛を抑えるための成分が含まれていたりします。

だんだん効果がなくなっていく?

便秘薬を飲んでウンチが出る。とてもスッキリした気持ちになると思います。しかし、またしばらくするとウンチが溜まり便秘になってしまいます。一度でも出すことを経験してしまうと2回目、3回目は抵抗が少ないですよね。

ある時、いつもと同じように便秘薬を飲んでいるのに出ないようになります。おかしいなと思いつつ、薬をもう一粒飲みます。無事にウンチが出ました。良かった良かった。

しかし、その後どんどん飲む量が増えていき、10粒も20粒も飲むなんて日が。。。

薬でさらに便秘が悪化する

便秘薬を飲み続けると、次第に効果が弱くなっていきます。便秘薬はあくまで一時的に便秘を改善するための薬であって、長期間使うことはオススメされていません。そして、便秘薬を使い続けた結果、腸は便秘薬なしではウンチが出せない状態にまでなってしまいます。一時的に便秘を解消させるために飲んだ薬で、さらに便秘が悪化してしまうのです。

便秘薬の影響で腸内細菌のバランスが崩れてしまい免疫力が低下することもあります。便秘を解消させることも大切ですが、腸にダメージを与えないようにしたいですね。

漢方=安全ではない

ここまでは便秘薬について書いてきましたが漢方はどうでしょうか? 便秘に効果がある漢方はたくさんあります。漢方と聞くと体に良い、安全というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません、あくまでイメージです。

漢方の便秘に対する働きも便秘薬とそれほど違いはありません。腸のぜん動運動を促進するものや、ウンチを柔らかくするものがメインです。となるとやはり、継続して使用することで腸本来の働きを悪くしてしまいます。

また、センナ茶も便秘に対して有名ですが、このセンナの成分が便秘薬で使われていたりするもので、便秘薬を飲むのとさほど違いはないかもしれません。

サプリメントでも問題となる成分のものもあるので安心はできません。乳酸菌などの腸内環境を整えるサプリメントと生活習慣を見直すことで便秘の解消を目指してください。

乳酸菌発酵エキスという腸内の乳酸菌を活性化させる成分が、効果が高くおすすめですよ。

関連記事

  1. 健康・美容

    点鼻薬が手放せない、アレルギー性鼻炎と点鼻薬性鼻炎で苦しんでました

    僕は小さい頃からアレルギー性鼻炎に悩まされ続けてきました。アレルギ…

  2. 健康・美容

    便秘にも下痢にも腸のことなら新谷乳酸菌ラクトバチルス

    日常のさまざまなストレスや環境の影響により、便秘や下痢などお腹のこ…

  3. 健康・美容

    乾燥肌の保湿ケアは水分+油分

    冬は寒さだけでなく乾燥に注意が必要です。冬は四季の中で最も乾燥する…

  4. 健康・美容

    加齢に伴う変化を知り、今日からアンチエイジング

    年齢を重ねるごとに人間としての深みが出てきますが、健康・美容に関す…

  5. 健康・美容

    男性も美容に気をつかうのは当たり前の時代

    僕がいう美容というのは化粧しようなんて大胆な話ではありません。日…

  6. 健康・美容

    おやつをナッツにしたらダイエットも仕事も捗りそう

    意識してダイエットをしているわけではないのですが、目標とする体重はあっ…

おすすめ記事

おすすめ宿泊記

PAGE TOP