パソコン

遅刻を無くそう! iOSの通知センターでGoogleマップのウィジェットが便利すぎる

iOS8から通知センター(画面上端から下にスワイプすると表示されるやつ)でアプリが利用できるようになりました。俗にいうウィジェットって機能ですね。

どんなアプリでも利用できるわけではなく、この通知センターに対応しているものである必要があるのですが、当初は対応しているアプリが少なく、それほど便利な機能ではないなぁと思っていましたが、かれこれ2年ほど経ち便利なアプリが増えてきました。

といっても僕が使っているのは、株価(iOS標準)で為替レートをチェック、そら案内ってアプリで今日の天気のチェック、リマインダー(iOS標準)で今日のタスクのチェックぐらいです。カレンダー(iOS標準)も表示するようにはしていますが、カレンダーに登録するような予定はほとんどないので、あまり意味はありません。

そんな時、Googleマップの最新版で「移動所要時間」というウィジェットが追加されました。これが非常に便利なんです。

現在地から自宅と職場への時間がすぐにわかる

img_4849

見ればわかりますが、現在地から自宅と職場への移動所要時間が表示されます。

自宅と職場はGoogleマップで登録してあります。他にも表示できるのかもしれませんが、登録の仕方はわかりません。

このウィジェットが活躍するのは朝の通勤です。

僕は車で職場まで通勤しています。毎日同じ道を通りますし、通勤する時間も一緒なので所要時間はほぼ同じなんですが、稀に工事や事故などで渋滞していることがあり、いつも以上に時間がかかることがあります。

余裕を持って家を出発すれば、こうした急な渋滞に遭遇しても職場に遅刻することはないのですが、残念ならが家を出発するのがギリギリなため、渋滞に遭遇するとアウトになってしまいます。

それが、このGoogleマップの「移動所要時間」というウィジェットを使えば、家にいる最中に事前に渋滞による通勤時間の増加を知ることができるのです。事前に渋滞しているとわかれば、それに合わせて少し早く家を出発することはできます。

渋滞がなくても早く出発すべきなのはわかっていますし、出発したあとに渋滞が発生した場合はダメですけど、少しでも遅刻のリスクを減らせる、このウィジェットは非常に便利だと思いました。

ちなみに、Googleマップでは「付近の乗換案内」というウィジェットも利用でき、電車を使う人にとってはこれも非常に便利そうです。

関連記事

  1. パソコン

    急にChromeのLastPassが使えなくなった

    推測されにくい複雑なパスワードを使用しましょう。同じパスワードを使いま…

  2. パソコン

    iPhone6のバッテリー交換をしたら、もっさりが少し改善しました

    iPhone6を使い始めて3年が経ちました。昔は新しい機種が出…

  3. パソコン

    真剣にPCのバックアップを考えたらHDDは不要だった

    これまで何度かPCを買い換えてきましたが、いずれもPCの寿命がきた…

  4. パソコン

    指シフトで覚えやすい強力なパスワードを作る

    色んなウェブサービスなどが登場していますが、それに合わせてパスワー…

  5. パソコン

    LINEの「新しい友だちとトークしよう!」の罠に注意

    LINE使ってますか? 僕はあまり使ってはいないのですが、友達はたくさ…

  6. パソコン

    Macの「写真」アプリが重いんですけど・・・

    Macで写真を管理するアプリがiPhotoから「写真」に変りました…

おすすめ記事

おすすめ宿泊記

PAGE TOP