moimoiの毎年家族で海外旅行するためには?

高級ホテルの宿泊レポートや育児ネタ、贅沢な暮らしをするための副業・投資へのチャレンジなど。

*

天王寺公園のボーネルンド プレイヴィルに行ってきました

   

大阪旅行の際に、天王寺公園のてんしば内にあるボーネルンド プレイヴィルに行ってきました。

以前から妻に「ボーネルンド行きたい」って言われまくっていたんですが、何かわからず聞き流していたのですが、ようやく今回楽しい場所であることがわかりました(笑)

キドキド・あそびのせかい、プレイヴィル

まず、ボーネルンドですが、日本のおもちゃメーカーです。

この記事を書いている今まで海外の会社だと思っていました(笑)
輸入代理店として世界中のいろんなメーカーのおもちゃを扱っているため、海外の会社だと感じたんでしょうね。

そのボーネルンドが子供の遊び場として運営しているのが、キドキドやプレイヴィルなどの施設です。

現在、営業している大半の施設は全天候型の屋内施設であるキドキドです。
遊び場であるキドキドと、ボーネルンドのショップが併設しているものを、あそびのせかいと呼ぶそうです。

屋内施設だけのキドキドに対し、屋外の遊び場もあるのがプレイヴィルです。
プレイヴィルのスタートは2015年で、てんしばにある施設ひとつだけのようです。(2017年11月現在)

天王寺駅からのアクセス

天王寺公園は天王寺駅の目の前にあります。

その日は雨のなか地上の道路を歩いて行ったのですが、あとから地下街のあべちかを通ることで、ほぼ雨を気にせずに行けることに気が付きました。

1日遊び放題で1,500円

利用料金ですが、キドキドは時間制の料金なのに対し、プレイヴィルは1日時間無制限の定額料金になります。
(キドキドも平日限定でフリーパスがあります)

親子(子供1名、保護者1名)で1,500円です。
それに子供1名追加で1,000円、保護者1名追加で500円です。

我々は子供1名、保護者2名でしたので合計で2,000円でした。
料金は前払いで、券売機で購入して受付で渡します。

保護者2名のケースは稀だと思いますので、一般的な利用ケースだと保護者1名と子供1名で1,500円か、子供2名で2,500円でしょうか。

無料の公園などで遊ぶことと比べれば高いと感じますが、同じ大阪市内のあそびマーレなどの有料施設と比べれば似たようなものです。

屋内あそびと屋外あそび

施設の面積は216坪で、そのうち1/4が屋外エリアになります。
雨が降っていて屋外が利用できない場合も、屋内だけで十分に楽しむことができます。

屋内あそびゾーン

ボールプールなど。
マグ・フォーマーギアもいっぱいあります。

登ったり、くぐったり。
6歳以上とありますが、これは以前設置されていた遊具の説明で、この遊具は何歳でもOKです。

水上で転がるやつみたい。

すべり台みたいなお山。

壁を登るやつもいっぱいあります。

写真を撮り忘れましたが、2歳まで? ぐらいの小さい子が遊ぶ専用のスペースもあります。
ただ、そこだけを目的にして来ると元が取れないような気がしました。

表現あそびコーナー

屋内と屋外の間に、お絵描き遊びやワークショップするための土足で遊べるコーナーがあります。

筆で絵を描いたり。

粘土したり。

これはどう遊ぶのがわかりませんでした(笑)

本を読んだり。

棒を積み重ねたり。

自販機あります。

屋外あそびゾーン

小屋にすべり台。

外遊びと言えば砂場。

ポンプとか面白いですよね。

小屋にぶらんこ。

これもどうやって遊ぶものかわかりません(笑)

砂遊びの道具、いっぱい用意されています。

レインコートは有料ですが、長靴は借りられるので、家から長靴を履いてくる必要はありません。

この日も少し雨が上がったタイミングで、外遊びを始める子供がたくさんいました。
やっぱ子供と言えば外遊びですよね! って考えは古いのでしょうか(笑)

出入り自由

1日時間無制限で一度出て戻ってくることもできます。腕のバンドさえ外さなければ。

その日は午前中に2時間ぐらい。途中ごはんやら天王寺駅動物園をはさみ夕方にもう1時間ぐらい遊びました。

とっても子供は楽しかったようで、また連れてってあげたいと思いました。

土日は激混みかも!?

翌日(土曜日)、プレイヴィルには在庫がなく取り置きしてもらったハマビーズを受け取りにグランフロント大阪にある「あそびのせかいグランフロント大阪店」に行きました。

ここは、あそびのせかいということでキドキド(屋内あそび場)とショップが一緒になっています。

休日ということもあり激混みです。子供がプレイヴィルをとても楽しんでいたので、この日はキドキドで遊ばせてもいいかも? と思っていたのですが、この混み具合は無理です〜ということで諦めました。

お店によるのかもしれませんが、土日は混んでるって覚悟で行ったほうがよさそうです。

屋外あそび場・プレイヴィル|公園にできた新しいあそび場

 - 育児

レクタングル大(moimoi.xyz)

レクタングル大(moimoi.xyz)

  関連記事

国産で安心 スナオラボの木製むくりスプーン

赤ちゃんに離乳食を食べさせたり、自分で食べる練習をするのにスプーンを必ず使うと思うのですが、木製のスプーンって意外と売っていないんですよね。赤ちゃん用品店で売られているのはプラスチック製ばかり。 別に …

乾燥肌の赤ちゃんへ重曹風呂のすすめ

アトピーとか乾燥肌の赤ちゃんをお風呂で洗う時ってベビーソープとか使ってますか? 赤ちゃんのために低刺激な成分になっていたり、無添加のものもありますが、洗うとどうしても乾燥が気になります。 そんなデリケ …

福音館の絵本はコスパがよくオススメ

子供の絵本ってどうしていますか? 本屋さんで購入したり図書館で借りてきたり。どんどん新しい本が欲しくなってくるので結構な出費になってしまうのが悩みです。 僕が自分用に購入する本はほとんどが古本です。A …

赤ちゃんの乾燥肌に「ネオナチュラル馬油クリーム」

赤ちゃんの肌って水分たっぷりなイメージがあったんですけど、あれ? けっこうザラザラしてる。生後2、3ヶ月ぐらいになって少しはすべすべな肌になってきたけど、うちの子は乾燥肌のようです。親がふたりとも肌が …

ちょっと期待はずれだった有機野菜・無農薬野菜のミレー

我が家では子供が食べる野菜は農薬・化学肥料を使わないものを選んでいます。なかなか扱っているスーパーが少なく、ちょっと遠いところまで買いに行かないといけないのが悩みです。 そこで、有機野菜や無農薬野菜を …

eVitaminsでセブンスジェネレーションの紙おむつを輸入してみた

いつもお世話になっているセブンスジェネレーションの紙おむつですが、悩みのひとつは日本で扱っているお店がほとんどないということです。いつも購入しているcuna selectが唯一かと思っていましたが、最 …

ナチュラル育児 25のこだわり

(ナチュラル育児っぽい我が子の写真) 子供を安全で安心な環境で育てたくて色々とこだわっています。子育ても1年が経ち、それらのこだわりが当たり前になってしまいつつあるので、ここで一回まとめてみたいと思い …

無農薬・無化学肥料 安全な有機の離乳食へのこだわり

離乳食に関しては妻がとても頑張っているので紹介したいと思います。 どう頑張っているかというと「有機の食材」へのこだわりです。有機の食材とは農薬や化学肥料を使わずに作られた食材です。オーガニックとも呼ば …

男性も子育て支援センターを利用しよう

男性の育児する割合が増えているとはいえ、育児のメインはやはり女性です。妻が専業主婦で育児をし夫が働いているって家庭は多いと思います。それでも、妻が用事があったり、体調が悪い時などは代わりに子供と過ごす …

面倒だけどおすすめ 布おむつの使い方

我が家では生まれるずっと前から布おむつを使おうって話になっていました。 最初は洗うの大変だし大丈夫? なんていわれました。ただ、子供が生まれてから1年ほど経ちますが、無事に布おむつで乗り切ることができ …